カテゴリー別アーカイブ: プロフィール

Mariko Ozawa profile

岩田瑠奈のプロフィール | Profile

岩田瑠奈


名古屋市立菊里高等学校音楽科卒業後、渡独。バイエルン州立ミュンヘン音楽大学ピアノ科卒業、ディプロマ取得。2014年、同大学大学院歌曲科ピアノ専攻を最優秀の成績で修了、マスターディプロマを得た後、帰国。同年11月、名古屋にて帰国リサイタルを開催。

ドイツ、リヒテンベルクにて、クリストフ・ジシュカ、竹沢絵里子各氏の二台のピアノとアンサンブルの為のマスタークラスを受講。フランス、クールシュヴェール夏期国際音楽アカデミーにてライナー・ベッカー、フィリップ・ミュレ各氏のレッスンを受講。その他、ゲルト・ユッカー氏のミュンヘン国際音楽セミナーオペラ部門、イタリア、モンテプルチャーノにてヘルムート・ドイチュ、アンドレアス・シュミット、ジークフリート・マウザー、ドナルド・ズルツェン各氏による歌曲解釈マスタークラスを受講。

ドイツ、バード・ヘレンアルプにてマチネーコンサート、エルマウ城内ホールにてリートリサイタルに出演。バイエリッシェ・フィルハーモニーによるカルミナ・ブラーナ連続演奏会出演。バイエルン州立歌劇場によるオペラプロジェクトに、コレペティトールとして参加。2008年京都・2009年名古屋にてデュオリサイタルを行う。在学中、多数の学内コンサートに出演、老人ホーム・病院・教会ホールにて演奏、器楽伴奏などを精力的に行う。

これまでに、ピアノを磯村奈々、桐山春美、長谷智子、クリストフ・ジシュカ、ジョン・シュトラーサーン、松田康子の各氏に師事。リート解釈を近野賢一、フリッツ・シュヴィングハンマー、トビアス・トゥルニガー、ドナルド・ズルツェンの各氏に、フランスリート解釈をセリーン・デュティ氏、スラブリート解釈をエフゲニア・グレコバ氏に師事。チェンバロ・バロックアンサンブルをミヒャエル・エーベルト氏に、室内楽をピート・デュボー、ビアンカ・ボダリア、カタリン・ロータリングの各氏に学ぶ。

 

 


小澤まり子のプロフィール | Profile

ozawamariko
小澤まり子(ピアノ)

京都市立音楽高等学校(京都市立京都堀川音楽高等学校)卒業、 卒業演奏会に出演。
京都市立芸術大学音楽学部ピアノ専攻を卒業。
京都市立芸術大学大学院音楽研究科修士課程修了。

1998年 第52回全日本学生音楽コンクール高校生の部大阪大会入選。
2004年 宝塚ベガ学生ピアノコンクール奨励賞。
2008年 ドイツ・フライブルク音楽大学ディプロム課程を最優秀で修了。
2012年 第8回かやぶき音楽堂デュオコンクールA部門(連弾)第2位。

これまでに宮部敦子、神谷郁代各氏に師事。
ソロ、室内楽をF.ゴットリープ氏に師事。
リート伴奏法をM.ゴリツキ、H.P.ミュラー各氏に師事。
またマスタークラスにて、ピアノソロをJ.ルビエ、S.ポチェキン、S.シュパイデル、A.イエンナー、 K.シルデ各氏に、 ドイツリート解釈法をW.リーガ氏に、室内楽では、A.ヴィニツキー(Vl.)、A.ルディン(Vc.)、V.デシュパル(Vc.)各氏のレッスンを受ける。

ドイツ滞在中、シューベルト「冬の旅」全曲演奏会、室内楽演奏会など、数多くの演奏会に出演。帰国後も幅広く活動し、ソロリサイタル、 クラリネットトリオ、ソプラノリサイタルの伴奏の他、特に日本唱歌の演奏を積極的に行っている。

現在は、京都を中心に演奏活動及び、ピアノ指導を行っています。
室内楽、ドイツ、フランス歌曲の伴奏から、レストランや結婚式での演奏、
オルガン演奏、ポピュラーピアノまで、幅広い演奏活動を行っています。